読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラングドック・ルーションの通販 2017年度 ジョセフメルローの楽天商品 | ロッシュ

まあ!僕!詳しくないんで!笑い飛ばしてください。こりゃボトルはブルゴーニュだけどボルドーのメルロだろ?え?ちがうの?こんな感じでした。このあたりにも!「ブルゴーニュにこだわらない」ジョセフ・ロッシュの柔軟さが見えます。

コスパ最強と噂の!

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

ジョセフ ロッシュ メルロー ラングドック・ルーションジョセフ・ロッシュ メルロー [2015] <赤> <ワイン/ラングドック・ルーション>

詳しくはこちら b y 楽 天

飲み口は軽めですが、メルローのエレガントななめらかさがとてもよく出ていて素直に美味しかったです。このお値段!なくなったらまたストックしそうです。1000円以下のワイン大歓迎です。もっと増やしてください。メルロはブルゴーニュで無くボルドーを発祥とする品種。くせが無く上品なワインです。このワインも、さすがでした。ブルゴーニュでもロマネコンティやシャンベルタンなんて、有名どころがひしめいている、コート・ド・ニュイに本拠を構え、質の高いマコンヴィラージュとボジョレーなど、良質なブルゴーニュワインを生産しているジョセフ・ロッシュです。世界各国の航空会社の機内サービスに利用されるのもよくわかります。ただ、少し物足りない気も?します。「僕はほにゃららの香りにほにゃららのあとくち」なんて説明できるほど!知識も味覚も達者でないので!恥をかかないように軽く感想のみ。そのジョセフ・ロッシュが、近年ヴァンドペイで良質のワインを生産しているラングドック・ルシオンに注目して、自社から5人の職人さん(日本で言うところの杜氏さん)を送り込み、セパージュ(単品種)ワインにかぎり、畑作りから徹底して生産しているのが、このシリーズです。ラングドック・ルシオンは、特にメルロで近年大注目の地域です。飲みやすく!ぐいぐい飲めます。美味しかったのでリピしました。あえて、ボルドー風にビーフにするのを避けたわけではありませんけど、やっぱりラングドック・ルシオンの若いメルロは、料理を選ばない気がするなあ。ほんとにこの値段でいいんですかね?ちなみに鶏肉のカレー風味と黒マグロの刺身であわせました。。お店の方に聞いたように軽く冷やして飲めるので!これからの暑い季節!酔いすぎ注意の平日の家飲みに最適と思います。数多くのエアラインに採用されているのが良くわかりました。